観戦ガイド

初めてでも心配無用!観戦を満喫できる、広島クリテリウムの楽しみ方をご紹介します!

広島クリテリウムって
どんなレース?

出場するのは、18のプロチーム。約100人の選手がひしめき合うようにスタートラインに並び、一斉にスタートします。
レースは、1.7kmの周回コース×30周。約2時間かけて着順を競いますが、途中にも「周回賞」が設けられ、その時の1位も表彰されます。年間成績にも関わるポイントが加算されるので、周回賞争いも見どころの1つです。
それぞれの思惑や駆け引きにより目まぐるしく展開が変わるので、目が離せません!

空気抵抗がポイント

チーム内には役割分担があり、優勝を狙う選手(エース)と、それをサポートする選手(アシスト)がいます。
ロードレースは風(空気抵抗)との戦い。人の後ろを走ることで空気抵抗の負担を減らし、体力を温存することができます。アシストは前を走って風よけとなったり、走りやすい位置を確保したりと、エースの優勝のために尽くします。チームから優勝者を出すため、チームで総力をあげて戦うのです。
状況によっては、他チームの選手同士が協調(協力)することもあります。そんな駆け引きもロードレースの見どころのひとつです。

選手の見分け方

選手は猛スピードで走り抜けていくので、「今の誰?」となることもしばしば。
まずはジャージのデザインで、どこのチームか見分けます。

背中とサドルの下にあるゼッケン番号を見れば、ガイドブックやスタートリスト等から選手名を探すこともできます。気になる選手がいたら、早速チェック!
応援している選手がいる場合は、自転車やシューズなどの色などを覚えておくと見分けやすくなります。体格や乗車姿勢などで判別できるようになったら、もう観戦のプロです。

必見のプログラムは?

11:35頃から中小企業会館駐車場にあるステージで「チームプレゼンテーション」が行われます。プロ選手がチームごとにステージへ上がり、観客の皆さんに顔見せをするとともに意気込みを語ったりします。レース中はサングラスなどで隠れてしまう選手の顔がよく見えたり、声が聞けるチームプレゼンテーションは必見です!間に合うようにお越しください。

12:25頃からは、レースコースを選手と一緒に走れる「パレードラン」が始まります。お子さんから大人まで、どなたでも参加できます。自転車を持参のうえ、5分前までに集合場所へ!

パレードランが終わったら、12:50からスタート・フィニッシュ地点でスタートセレモニーが行われます。
そして12:55にいよいよプロのレースがスタートします。1.7kmのコースを30周。約2時間の勝負です。選手たちもエネルギー切れしないよう、ドリンクや補給食を取りながら走ります。観客の皆さんも、熱中症対策のため水分補給をお忘れなく!

どこで観戦するのが
オススメ?

結論から言うと、どこでもOK。
広島クリテリウムは、1周1.7kmと短い周回コースなので、どこからでもレース展開がわかりやすいのが特徴です。
コース中に3ヶ所あるヘアピンカーブでプロのコーナリングテクニックを堪能するもよし、スピードが出やすい直線部分で速さと迫力を味わうもよし。30周あるので、場所を変えながら観戦するのもオススメです。

応援のしかた

ロードレースは選手との距離が近いので、声援はしっかり選手に届きます。
選手やチームの名前を呼ぶほか、「頑張れ!」など声をかけてもいいでしょう。「アレ!(フランス語で「行け!」の意味)」もよく使われます。
チームカラーの服やグッズを身につけていると、選手は一目で自分のチームの応援と分かるので力になるといいます。中には、横断幕を掲げたり、コスプレをしたりするファンも。
周囲に迷惑をかけたりレースの邪魔になったりしなければ、自由なスタイルで応援してOKです!

強さの称号!
特別なジャージ

通常はチームのジャージ(ユニフォーム)を着て走りますが、特定の成績を残した選手には「特別な色のジャージ」が贈られ、次のレースはそれを着て走ることになります。

広島クリテリウムは、シリーズ戦(Jプロツアー)の1つにあたるため、昨日までのレースの累計ポイントが最も高い選手が「プロリーダージャージ(赤)」、U23(23歳未満)の1位は「ネクストリーダージャージ(白)を身につけています。どこにいるか探してみてください!
また、広島クリテリウムを終えたとき、リーダージャージが誰の手に渡るのかも注目です。

熱中症に気をつけて!

チームピットゾーン近くの中小企業会館(冷房が効いています!)は自由にご入館いただけます。休憩スペースとしてご活用ください。小まめに水分と塩分、休憩をとって、熱中症にならないよう十分お気をつけください。

安全に観戦するために

選手達は猛スピードで駆け抜けますので、以下の点ご注意ください。

  • 観戦は歩道内でお願いします。
  • コースを横断する際は、決められた横断ポイントにて、係の指示に従ってください。
  • コース沿線の会社敷地などへの立ち入りや、車道での観戦はご遠慮ください。
  • 傘や応援グッズがコース内に入らないようご注意ください。
  • 小さいお子さんやペットがコースに進入しないようにご注意ください。
  • その他、競技役員と立哨員の指示に従ってください。

あると便利なモノ

晴れると暑くなるので、日除けや熱中症対策が大事です。帽子、飲み物、タオル、日焼け止めなどがあるといいでしょう(観客が多い場所では日傘の使用をお控えください)。また、両手がフリーになるようリュックサック等のカバン、立って観戦しても疲れにくい靴がオススメです。

更にロードレースについて知りたい方はこちらもどうぞ!